レディー

腎臓病には病食を|食事療法で病気を抑える

食事で病気を療養する

ペア

成人に多い糖尿病は、ほとんどが生活習慣にあるといわれております。糖尿病になると食事制限がかかり、栄養とカロリーのバランスを考慮した食事をしなくてはなりません。最近では通販による糖尿病食が数多くあります。メニューの豊富さや料金、送料をしっかり検討してから利用すると良いでしょう。

腎臓病の食事療法

案内

腎臓病食の宅配のサービスを使うと、腎臓病の食事制限が簡単に行える事が分かります。自炊をする際には、必要な栄養素まで制限すると体調が悪くなってしまうため、上手に栄養素を摂取する事が大切です。

療法食の宅配のメリット

スマイル

家族に腎臓病の方がいる場合は、腎臓に負担がかからないメニューを考えたり買い出しや食事作りの手間がかかってしまいます。そこでおすすめなのが療法食の宅配を利用する方法で、腎臓病の方に安心な食事を手間をかけずに用意することが出来ます。

病院に行く前に食事で予防

ご飯

未病の段階または普段から

病気には遺伝や先天的なものもありますが、普段の生活である程度予防できるものもあります。生活習慣の偏りのために負荷がかかり、特定の臓器が弱ったり傷んだりすることがありますがひどくなる前に気付くことが出来れば長く治療をしなくても良い場合もあります。しかしなかなか症状が出ず、気づいたときには重症になりやすい腎臓病については、普段から観察していることが重要です。腎臓病に至る前にまず現れる症状としては、尿の色が濁る、尿に血が混ざる、体がむくむ、排尿回数が多くなるなどがあります。冷えや疲れなどで似た症状が出ることもあるのですが、症状が続く場合は早めに病院で尿の検査をしてもらいましょう。腎臓病はひどくなると人工透析を必要とする場合もありますが、進行の度合いでは日々の食事療法を続けることで改善を促すことが出来ます。現代は食事療法向けに加工した食品が入手しやすくなっていることもあるので、医師の指導のもと、自宅で腎臓病向けの療法食を作ることもさほど難しくなくなっています。

タンパク質と塩分に注意

腎臓病と言っても、症状によって様々な病気があります。しかし、いずれの場合も酷使されていた腎臓を休ませるという意味では同じ方向性で食事療法を行うことになります。主にはタンパク質と塩分の摂取に注意することが必要です。タンパク質と塩分は、いずれも腎臓でろ過され排出されるため、多く摂るとそれだけ腎臓に負担がかかることになるからです。塩分を排出する作用の強いカリウムも、摂取することで腎臓を過度に働かせることになるため、場合によっては制限がかかります。タンパク質を控えるため、逆にエネルギーを多めに摂る必要が出てきますので、タンパク質を含まない油脂類は、意識して摂るようにしなければなりません。エネルギーに関しては糖分でも摂ることが出来ますが、だからといってケーキやクリームなどは動物性タンパク質である乳製品が含まれるので控えなければなりません。食事療法というと専門的な知識が必要というイメージがありますが、実は控えたほうが良い食品群、意識して摂る食品群と分けてしまえば、そんなに難しくはないものです。信頼できる医師と相談しながら、我慢がストレスにならないように続けていけると良いですね。